Code for Sappro Slack ワークグループについて

Pocket

これは何?

  • 「コード」で私たちの札幌をちょっと良くしたいをかかげるCivicTechコミュニティのCode for Sapporoに関わるSlackワークグループです。
  • 「Code for Sapporoのコミュニティメンバー同士がユルく繋がれて、喋れる場所があるといいよね」というきっかけで作成されました。

何をする場所?何ができるの?

  • 情報共有、イベントのお誘い、意見交換、雑談など、自由に使っていただければと思います。

大丈夫?危なくない?

  • コミュニティを安全で気軽な場所に保つため、コミュニティガイドラインを用意しており、これに従ってグループを管理しています。
  • あくまで数名の有志個人によって運営されるグループですので、ガイドラインを確認の上で、皆様のリテラシーに基づいてご判断ください。

管理者は誰?

  • SlackID:XXX/YYY/ZZZZが主たる管理者を務めています。お問い合わせはDMや、メールフォームからどうぞ。

誰でも参加できるの?

  • Code for Sapporoの活動を理解いただける方であれば、すべての人が自由に参加できます。
  • いつでも誰でも自由に入退室できる場になればよいと思っております。

コミュニティガイドライン

  • コミュニティガイドラインは当ワークグループ(xxxxx.slack.com上で提供されるサービス)を利用または管理するすべての方へお守りいただきたい遵守事項です。
  • また、当ガイドラインとは別に、Slackの利用においてはSlack Technologies社のユーザー向けサービス利用規約が、ウェブサイトの運営においてはCORESERVER 利用規約が適用されます。

プライバシーポリシー

法令等の遵守

  • 当ワークグループの運営に当たる者(管理権限者)は、個人情報等を取り扱うにあたり「個人情報の保護に関する法律」及びその他の関係法令、ガイドライン及び本プライバシーポリシーを遵守します。

管理権限者による個人情報等の取得と利用

  • 管理権限者は、ワークグループへの参加登録時にSlack Technologies社を通じて提供されるメールアドレスなどの個人情報、アクセスログとして記録されるUser-Agent情報とアクセス日時、状況から必要になった場合に限り確認を行う情報のみを運営のための情報として取得し、それ以外の個人情報の取得については、利用者間の私的やり取りとしてでない限りこれを行わないものとします。
  • また、管理権限者は運営上知り得た情報について、法令により例外と認められる場合を除き、本人の同意なく管理権限者間以外に対して公表または提供を行わないものとします。

利用者による個人情報等の取得と利用

  • 当ワークグループを利用する全ての者(利用者)は、当ワークグループ上で公開された情報について、本人の同意なく当ワークグループの外部において公表または提供を行わないものとします。また、当ワークグループ上のプライベートチャンネルおよびダイレクトメッセージを介した通信内容について、当ワークグループの外部に加え、当ワークグループ内の異なるグループまたは異なる対象とのダイレクトメッセージにおいて公表または提供を行わないものとします。

個人情報等の管理・保護

  • 管理権限者および利用者は、個人情報等について、漏洩または毀損の防止等、必要な安全管理を適切に行うものとします。

免責事項

  • 当ワークグループの性質上、Slack Technologies社またはGMOデジロック社による情報の取り扱い、利用者が自らパブリックチャンネルに掲載した内容、利用者が管理権限者の許可なく公表または提供する情報について、管理権限者は一切の責任を持たないものとします。また、利用者間の情報取り扱い上の合意に関して、管理権限者は一切責任を負わないものとします。
  • 管理権限者は、なりすまし等による大学関係者以外の参入やそれに伴う情報流出について、一切の責任を負わないものとします。

行動規範

  • 当ワークグループでは、参加者の皆様に心地よく、そして気軽に楽しく参加していただけるよう、行動規範を設けています。
  • コミュニティを自由で対等なものにするため、ご協力ください。

対人関係における優劣の排除と、差別的言動の禁止

  • このコミュニティは設立趣旨から「気軽であること」「フラットであること」を重視しています。
  • 他者の思想と信条を尊重してください。強制的な言動や、相手が圧力と感じかねないほどの過剰な奨励的言動も控えてください。
  • 年齢や学年、成績や学歴、職業や職歴、自認や外形を含む性別、性的指向、障害や身体的特徴、人種・民族・国籍・言語や地域性、宗教や思想や文化・ライフスタイル、技術力や技術の選択・手法などのさまざまな個人のありかたに対して、攻撃をおこなったり、それをもって個人や集団の間に優劣をつける行為をしないでください。

活発な利活用のために

  • 前項のいかなる個人のありかたをとる人に対しても、会話に参加することを拒まないでください。
    問題を共有する人に優しくしてください。
  • 指摘するときはマウンティングせず軽妙に。指摘されたら気楽に優しく大らかに。

自由な利活用のために

  • 当ワークグループは特定の目的のために作られたものではないため、受け入れがたい・理解しがたい趣味・思想・言動に遭遇することもあると考えられます。
  • ゾーニングを活用してください。チャンネル作成は管理者が行いますので、必要になった場合は新しいチャンネル作成の依頼を行ってください
  • チャンネルは自由に退出することができます。
  • 管理権限者がチャンネルの移動を求めた際には、可能な限り従ってください。

健全性の確保

以下の行為を固く禁じます。

  • 侮辱や差別的言動、文脈上不必要に冒涜的な批判
  • ワークスペースの運営を不必要に妨げる行為
  • 脅迫や暴力性などの脅威を感じる欲求
  • ストーカーや嫌がらせ、DM等を利用した付きまといや、相手に不快感を与える詮索行為
  • 個人情報や機密情報、非公開なやり取りの無許可での公開
  • 違法な物品・コンテンツの受け渡しを目的とした当ワークスペースの活用
  • なりすましや詐欺行為
  • 政治団体や反社会的組織、宗教、連鎖販売取引などへの勧誘行為

相談・通報

現在の管理権限者は以下に示す通りです。気になる点などありましたら、Slack上のダイレクトメッセージでご連絡ください。

@hogehoge

@hogehoge

罰則規定

上述のプライバシーポリシーまたは行動規範への違反行為、その他の過度にコミュニティを乱す行為に対して、管理権限者は情状に応じて以下の措置をとる場合があります。

  • 注意・警告
  • チャンネルからの強制退出
  • 当該アカウントの権限剥奪
  • アカウントの有期停止
  • アカウントの削除・無期停止
  • サービス規定
  • コンテンツの権利
  • 当ワークスペースのパブリックチャンネルにアップロードされた文書、画像、その他ファイルのすべてについて、アップロード者・投稿者は当ワークスペース上に限定した表示・複製転載・引用の権利を許諾したものとします。
  • その他の権利と許諾については当事者間で解決するものとし、管理権限者はその問題に介入しないものとします。

コンテンツの保護

  • 当ワークグループは管理権限者の一身上の都合、ワークスペース上での合意、または社会的な情勢変化や企業のサービス終了などにより、予告なく終了する場合があり、それによって生ずるあらゆる損害や損失について一切の責任を負いません。
  • 重要なやりとりやコンテンツは利用者自身によってバックアップまたは複製し、自らの責任において管理することとします。

権限の分散

  • リスクマネジメントの観点から、当ワークグループの管理権限は常に2人以上が持つものとします。

サービスの譲渡

  • 管理権限者は当ワークグループの一部または全部のサービスを譲渡する場合、あらかじめ #general チャンネルで譲渡について譲渡相手のユーザを指名したうえで提言を行い、最終的な提言に対して2週間以上異論がない場合にのみ譲渡を行うものとします。
  • 最終的な合意が難しい場合や、当ワークスペースの利用価値が低下したと管理権限者が判断した場合には、当ワークスペースはサービスを終了するものとします。別のワークグループやサービスに利用者間でお誘いあわせの上、新たなコミュニティを形成してください。皆様の新たなコミュニティの足掛かりになれればうれしく思います。

ライセンス