オープンデータハッカソン北海道2014 in OSC Hokkaido

「コード」で私たちの札幌をちょっと良くしたい。Code for Sapporoが送る6月のハッカソンイベントは、北海道が誇る名物IT系イベント「オープンソースカンファレンス2014 Hokkaido」の会場をお借りしてお届けいたします。 オープンソース製品やオープンデータを用いて、街の誰かに役に立つアプリケーションを私達と一緒に作ってみませんか? ハッカソンって何するの?アプリケーション開発はちょっと難しそう…と感じる方も、ぜひ見学にやって来てどんなことをやってるか雰囲気を感じてみてください。

スケジュール

当日のスケジュールは現在企画中です。便利なアプリケーションのアイディアを話し合ってアイディアを出し合うアイディアソンも開催予定です。 2014/06/10 (土) 会場:札幌市産業振興センター ルーム7 技能訓練棟(3F)

  • 10:00-10:15 開場・課題説明・チーム分け
  • 10:15-16:15 開発作業
  • 16:15-17:00 成果発表会

課題

「オープンデータハッカソン北海道2014 in OSC Hokkaidou」では以下に示すアプリケーションの開発を行いたいと思います。

1. 予防接種スケジューラー

横浜市金沢区役所「かなざわ育なび.net」で提供している「予防接種スケジューラー」の札幌市版の開発を目指します。

「予防接種スケジューラー」では子供の生年月日を入力することで、接種が必要、もしくは任意に接種する予防接種について、何歳のいつからいつまでの期間で受診できるかをお知らせするカレンダーを表示する仕組みのアプリケーションです。 札幌市で接種可能な予防接種の情報を整理してカレンダーに表示するためのデータを作成し、データを検索する画面の実装を行います。

2. OpenData Tシャツ画像ジェネレーター

OpenStreetMapで検索した好きな場所の地図から、ユニクロの「UT me!」サービスなどTシャツを作成するサービスにアップロードするための画像を作成するアプリケーションの開発を目指します。 OpenStreetMap以外にも、Wikipediaに掲載されている好きな言葉の説明からTシャツ向けにレイアウトした画像を作成してみるのも楽しいかもしれません。

注意事項

  • 本イベントは朝から夕方まで通して行いますが、会場で行われる他のセッションも楽しみたい方のために入退場は基本的に自由です。
  • 人数を把握するため、参加申し込みはOSC HokkaidoのサイトではなくDoorkeeperから参加表明をお願いします。
  • ハッカソンイベントに参加される方は、ノートパソコン等開発環境を持参ください。PC等の機器貸出は行っておりません。予めご了承ください。

続きを読む